令和4年度空気調和・衛生工学会大会(神戸)
ワークショップ①

病院のエアロゾル感染対策と空調・換気設備

開催日時:令和4年9月15日(木) 13時~17時

会 場 :神戸大学 六甲台第2キャンパス 工学研究科・LR棟(講義棟)5階 LR501

開催方式:現地による対面開催およびZoomのWebinarを利用したリアルタイム配信

参加方法:オンライン参加者は、オンライン会場にログイン後、「ワークショップ」ページからウェビナー登録をお願いします。なお、参加には、大会参加申込みが必要です。

開催概要

 新型コロナウイルス感染症の拡大を勘案し設置された新型コロナウイルス対策特別委員会(2020年5月15日~)では、クラスターが発生した建築物に関する情報収集および調査研究を精力的に行っている。このうち、クラスターが発生した病院では、空調換気設備の老朽化、運用費の削減等による換気量の不足、病室等の給排気バランスの変化等が確認されている。こうした状況が、病室内感染及び病室外への感染拡大の要因となったことが指摘されている。

こうした状況を受け、空気調和・衛生工学会では、特別対策委員会の下に医療施設環境WGを立ち上げ(2022年4月より活動開始)、国内外の医療施設における新型コロナウイルス等のクラスター感染に関する情報収集・整理や医療施設の空調・換気設備等の実態に関する情報収集・整理、おもにエアロゾル感染の感染力に対応した空調換気設備の基本要件に関する課題整理を行っているところである。

本ワークショップでは、現時点で得られている知見をベースに、病院のエアロゾル感染対策と空調・換気設備について改めて考えてみたい。


プログラム
司会 村田 さやか(北海道立総合研究機構)、菊田 弘輝(北海道大学)

13:00~13:05 趣旨説明  林 基哉(北海道大学)
総論
13:05~13:25 病院のクラスター発生と空調・換気設備  林 基哉(前出)

 各論
時 間 題 目 講演者
13:25~13:45 国外の感染事例 柳 宇(工学院大学)
13:45~14:05 九州の事例から学ぶ感染対策と空調・換気設備 長谷川 麻子 (宮城学院女子大学)
14:05~14:25 既存病棟のコロナ対策改善事例 金 勲 (国立保健医療科学院)
14:25~14:45 病院設備設計ガイドライン(空調設備編)HEAS-02の改訂 尾方 壮行(東京都立大学)
14:45~15:05 空調・換気設備計画の動向・新技術の紹介 伊藤 昭(日建設計)・森本 正一(新菱冷熱工業)


15:05~15:20 休憩

時 間 題 目 講演者
15:20~15:40 感染予防を目的とした診察室の局所排気・全面床吹き出し併用換気システム 山中 俊夫(大阪大学)
15:40~16:00 病院における空調・換気設備の運用実態 伊藤 昭(日建設計)・篠原 史彦(日本設計)


16:00~16:50 総合討論 コーディネーター:鍵 直樹(東京工業大学)、本間 義規(国立保健医療科学院)


16:50~17:00 まとめ  柳 宇 (前出)

※題目・講演者は都合により変更となる場合がございます。