前へ
次へ

インターネットによる受験申込

申込期間外です。
申込・書類提出期間:
令和3年8月2日(月)~8月31日(火)消印有効
受験料:1部門 9,900円(消費税込)

申込前に必ず右記の「受験申込前の準備について」と「新型コロナウイルスへの対応について」のご確認をお願いします

受験申込には、「受験申込登録」「実務経歴登録」の入力およびクレジットカード,コンビニ,ペイジーによる決済が必要となりますので、事前に準備をお願いします。
なお、入力には20分~30分程度必要です。
また、受験申込完了にはWEB上での申込手続きの上、必要書類の郵送が必須です。

お問合せ先
試験に関するお問い合わせは下記メールアドレス宛てにお送りください。
空気調和・衛生工学会設備士係
メールアドレス:setsubishi@shase.or.jp

受験申込前の準備について

必ず申込前に下記をご確認ください。
1.「申込案内書」をご確認ください。
上記画像をクリックしてください。
2.受験料のお支払い方法を確認してください
コンビニエンスストア、ペイジー経由での銀行および郵便局(ゆうちょ銀行)ATM、クレジットカードでのお支払いが可能です。領収書はお支払い完了後、マイページより出力が可能です。
3.プリンタの準備と動作確認をしてください。
A4サイズの紙が印刷できるプリンタを用意してください。ご自宅に無い場合は、職場やコンビニエンスストアのプリントサービスなど、PDFファイルを印刷できる場所で印刷して下さい。
4.メールアドレスを用意してください。
PCで確認できるメールアドレスを推奨します。ない場合には携帯電話用のメールアドレスを登録してください。「ID・パスワードの通知」および「申込内容確認書」をメールにて送信しますので、メールアドレスは必須です。事前に送信元(@shasej.net)からのメール受信を許可してください。各メールが、迷惑メールフォルダに振分けられる場合がありますのでご注意ください。

新型コロナウイルスへの対応について

令和3年度試験における新型コロナウイルス感染症への対応について(令和3年4月5日)
受験を申込む方は、以下にご留意ください。
1.感染症対策について
試験実施にあたり、「3つの密」を避けるため、試験会場における受験者同士の間隔を確保するなど、可能な限り努力いたしますが、座席の間隔を十分に確保できないことも想定されますので、あらかじめご承知おきの上、お申込みをお願いいたします。
2.試験の中止・試験会場の変更について
試験地における感染の状況により、試験の中止や試験会場の変更等を行う恐れがあります。この場合、このホームページで発表いたします。試験日前には、必ずホームページをご確認いただきますようお願い申し上げます。試験を中止した場合、受験料は返還いたします。
3.クラスター発生の場合の個人情報について
試験会場においてクラスター(感染集団)が発生した場合、受験者の連絡先等の個人情報を、保健所等の公的機関に提供いたします。

FAQ(よくある質問と回答)は上記画像をクリックしてください


工学会設備士の目的・評価

本試験制度は、空気調和および給排水衛生設備にかかわる方の、技術者としての基礎的・専門的な技術・知識の習得度を判定する試験で、空気調和・給排水衛生設備にかかわる技術者の育成とこれに基づく技術の向上を目的としています。昭和31年(第1次)より毎年1回実施されており、適切な出題内容、その他厳正な試験運営により、高い社会的評価を得て、既に41,000名以上の方が建築、設備に関する様々な分野において工学会設備士として活躍し、高い信頼を得て関係各界において定着しています。

令和3年度日程

8月2日~8月31日 申込期間
8月31日(消印有効)まで 書類送付締切
11月上旬 受験票発送
11月27日 試験実施日 空調部門
11月28日 試験実施日 衛生部門
2022年2月上旬 合格発表(合否通知書発送)
2022年2月上旬 合格発表(学会ホームページに公開)
2022年3月末日まで 合格証交付手続き期間
・設備士運営要領第3条1項により、合格者で非会員の方は指定する期日までにご入会の手続きが必要です。※期日までに手続き未了の方は、合格を辞退されたものと認めます。
・合格発表の際、合格者の受験番号と合格基準を学会ホームページに掲載します。合格基準は試験の結果に基づき、設備士資格検定委員会で決定します。

試験日

空調部門: 令和3年11月27日(土)10:30~15:30
衛生部門: 令和3年11月28日(日)10:30~15:30
 試験当日の公共交通機関の事件・事故による遅延、運転見合わせ、運休の場合の救済措置
は原則として設けておりません

受験資格

区分

最終学歴

空気調和・給排水・衛生設備に関する実務経験年数

摘要

(イ)

大学理科系課程
(1)新制大学
(2)旧制大学
(3)旧制専門学校
卒業後満0年 卒業証明書の提出をもって受験できる。
(大学院の修了証明書は不可)
工、鉱山、理、農、園芸、医、獣医、薬、水産、商船、航空、海洋、繊維、工芸等の理科系課程

(ロ)

短期大学理科系課程
(1)短期大学
(2)高等専門学校
卒業後満1年以上 短期大学,高等専門学校は学校教育法(昭和22年法律第26号)によるもので,各種専門学校,専修学校は除く。

(ハ)

A.高等学校理科
 ・工業系課程
(1)高等学校
(2)旧制中学校
 (実業系)
卒業後満4年以上 普通科,商業科,家政科などの理科・工業系以外は(ニ)項に該当。農業科,水産科,窯業科は理科・工業系と認定。
B.高等学校建築設備系 卒業後満3年以上 Aから1年短縮

(ニ)

(イ),(ロ),(ハ),(ホ)
に該当しない者
満18歳以上で満7年以上 実務経歴書で7年以上の実務経験を有しすると認められた者。
(イ),(ロ),(ハ),(ホ)に該当する者で,本項の条件を満たす者は,卒業証明書 の提出を省略し,本項の資格をもって受験することができる。

(ホ)

(イ),(ロ),(ハ)に該当しない
各種学校を卒業した者
設備士資格検定委員会で実務経験年数を認定 認定した学校は
こちらの一覧(クリック)
を参照。
記載のない各種学校で建築・設備に関わる課程を卒業した者は委員会にて審査を行う。
注:実務経験とは
建築設備の設計、工事監理、施工管理、見積、積算等の業務および建築設備に関する教育・研究機関、行政等に従事した経験をいい、建築設備に関する設計図書のトレース、工事における単なる労務者としての経験、アルバイト等は含みません。
また、理科系の大学院や専攻科などの上記に記載のない課程を実務経験として加算できます。

職業能力開発施設または職業能力開発総合大学校の卒業者は以下の受験資格とします。
ただし、卒業証明書が必要です。

受験資格

学 校

課 程

(イ)

職業能力開発総合大学 長期課程(4年制)

(ロ)

職業能力開発大学校または職業能力開発短期大学校 専門課程

(ニ)

上記以外の職業能力開発施設修了者
ただし、訓練期間は実務経歴年数に加算出来る。

提出書類

(1) 受験申込書 1通


WEB上で申込登録後に提出書類出力よりPDFをご印刷ください。

(2) 受験資格および実務経歴書 1通


WEB上で申込登録後に提出書類出力よりPDFをご印刷ください。

(3) 学校卒業証明書(コピー不可) 1通


「(2)実務経歴書」の所定欄に貼り付けてください。
受験資格(イ),(ロ),(ハ),(ホ)に該当するものは,該当区分に掲げる学校卒業証明書(証明書は学校発行のものとし,卒業証明書を得られない正当な事由がある場合は,これに代わる書類)
※大学院の修了証明書、卒業証書の原本・コピーは不可
※海外の大学を卒業し、卒業証明書の提出が困難な場合は、卒業したことが分かる書類の写しを提出してください。
※婚姻等の理由により卒業証明書と氏名が異なる場合は、変更の経緯が分かる書類
(戸籍抄本等)を添付してください。

(4) 写真

「(1)受験申込書」の所定欄に貼り付けてください。
1) 正面上半身脱帽(4.5cm×3.5cm)
2) 最近3箇月以内に撮影のもの
3) 裏面に氏名を記入のうえ,写真票に全面のり付けする
4) スナップ写真不可

昨年の受験番号または過去の合格番号をお持ちの方は以下の省略ができます。


1) 実務経歴の入力
2) 卒業証明書

※申込サイトで①~③の登録完了後、④提出書類出力より印刷した「宛名ラベル」を使用し、提出書類をA4・角2の封筒に封入の上、8月31日までに必ず郵便局窓口にて「簡易書留」でご郵送ください(ポスト投函不可)。発送をもって申込完了となります。

提出された書類は,いかなる場合も返却いたしません。
2部門受験の場合でも提出書類は一組です。

試験地

東京・大阪・名古屋・札幌・仙台・金沢・広島・福岡・那覇

令和3年度は北信越地区は金沢会場となります。
※申込後の試験地変更は9月末日までに書面をもって通知してください。
10月以降はいかなる理由があっても変更できません。

受験料

1部門 9,900円(消費税込)
支払い方法
①コンビニ決済
②クレジット決済
③ペイジー決済(銀行ATM)

※領収書はお支払い完了後、マイページより出力が可能です。

申込・書類提出期間

令和3年8月2日(月)~8月31日(火)消印有効


※必ず期日までに郵便局窓口から書類の発送(簡易書留)を完了してください。
※申込開始以前、申込期間中の申込に関する(申込用紙が届いているかなどの)問合せにはご回答出来かねますので、ご了承ください。到着に関する問合せは本人控えを基に郵便局へお問い合わせください。

申込方法

①申込サイトで申込登録
②受験料の支払い(コンビニ・クレジット・ペイジー)
③提出書類を郵送(簡易書留)


(簡易書留の手続きは、郵便局以外では取り扱っておりません、8月31日までに郵便局窓口で手続きを行って下さい)

インターネットによる受験申込

>
                <p class=



申込期間外です。
申込・書類提出期間:令和3年
8月2日(月)~8月31日(火)消印有効
受験料:1部門 9,900円(消費税込)

申込前に必ず本ページトップの「受験申込前の準備について」と「新型コロナウイルスへの対応について」のご確認をお願いします
  • お問合せ先

    試験に関するお問い合わせは下記メールアドレス宛てにお送りください。
    空気調和・衛生工学会設備士係
    メールアドレス:setsubishi@shase.or.jp

Page Top