前へ
次へ

受験申込書請求

頒布期間:平成30年7月2日(月)~8月28日(火)
・31日まで事務局窓口ではご購入が可能です。
・郵送にて購入:販売開始までお待ちください。
頒布価格:1組につき 1,080円(消費税込・送料含)
コンビニ決済の場合は手数料(1部の場合206円)が別途かかります(手数料一覧PDF)。
・窓口にて購入:本部事務局にて購入できます。
特別な事情によりコンビニ・クレジット決済が難しい場合は事務局までお問い合わせください。
注意事項
1.領収書の発行はできません。お支払いの控えが当会の認める領収書となります。
2.お申込み・ご入金をいただいてから発送まで2~5日かかります。
3.8月28日はクレジットカードでのみお支払いが可能です。

工学会設備士の目的・評価

本試験制度は、空気調和および給排水衛生設備にかかわる方の、技術者としての基礎的・専門的な技術・知識の習得度を判定する試験で、空気調和・給排水衛生設備にかかわる技術者の育成とこれに基づく技術の向上を目的としています。
昭和31年(第1次)より毎年1回実施されており、適切な出題内容、その他厳正な試験運営により、高い社会的評価を得て、既に41,000名以上の方が建築、設備に関する様々な分野において工学会設備士として活躍し、高い信頼を得て関係各界において定着しています。

空気調和・衛生工学会とは

公益社団法人空気調和・衛生工学会は、1917年(大正6年)に“煖房冷蔵協会”として創立されました。1927年(昭和2年)に“社団法人衛生工業協会”へと改称,1962年(昭和37年)に“社団法人空気調和・衛生工学会”へ改組を行い,2012年(平成24年)に公益社団法人の認定を受け,本会は2017年に創立100周年を迎えます。
空気調和,衛生,環境,エネルギー等に関する工学,技術の研究の連絡連携及び促進をはかり,もって学術,文化の発展に寄与することを目的として活動しております。

平成30年度日程

7月2日~8月28日 申込書販売期間
8月1日~8月31日 申込期間
11月上旬 受験票発送
11月24日 試験実地日 空調部門
11月25日 試験実地日 衛生部門
翌年2月 合格発表(合否通知書発送)
翌3月末日まで 合格証交付手続き期間
設備士運営要領第3条1項により、合格者で非会員の方は指定する期日までにご入会の手続きが必要です。※期日までに手続き未了の方は、合格を辞退されたものと認めます。


試験日

空調部門: 平成30年11月24日(土)10:30~15:30
衛生部門: 平成30年11月25日(日)10:30~15:30
 試験当日の公共交通機関の事件・事故による遅延、運転見合わせ、運休の場合の救済措置
は原則として設けておりません

受験資格

区分

最終学歴

空気調和・給排水・衛生設備に関する実務経験年数

摘要

(イ)

大学理科系課程
(1)新制大学
(2)旧制大学
(3)旧制専門学校
卒業後満0年 卒業証明書の提出をもって受験できる。
(大学院の修了証明書は不可)
数学科・物理学科は理科系とする。

(ロ)

短期大学理科系課程
(1)短期大学
(2)高等専門学校
卒業後満1年以上 短期大学,高等専門学校は学校教育法(昭和22年法律第26号)によるもので,各種専門学校,専修学校は除く。

(ハ)

A.高等学校理科
 ・工業系課程
(1)高等学校
(2)旧制中学校
 (実業系)
卒業後満4年以上 普通科,商業科,家政科などの理科・工業系以外は(ニ)項に該当。農業科,水産科,窯業科は理科・工業系と認定。
B.高等学校建築設備系 卒業後満3年以上 Aから1年短縮

(ニ)

(イ),(ロ),(ハ),(ホ)
に該当しない者
満18歳以上で満7年以上 設備士資格検定委員会において,(イ),(ロ),(ハ),(ホ)と同等以上の知識およ び技能を有すると認められた者。
(イ),(ロ),(ハ),(ホ)に該当する者で,本項の条件を満たす者は,卒業証明書 の提出を省略し,本項の資格をもって受験することができる。

(ホ)

(イ),(ロ),(ハ)に該当しない
各種学校を卒業した者
設備士資格検定委員会で実務経験年数を認定 認定した学校は
こちらの一覧(クリック)
を参照。
注:実務経験とは
建築設備の設計、工事監理、施工管理、見積、積算等の業務および建築設備に関する教育・研究機関、行政等に従事した経験をいい、建築設備に関する設計図書のトレース、工事における単なる労務者としての経験、アルバイト等は含みません。
また、理科系の大学院や専攻科などの上記に記載のない課程を実務経験として加算できます。

職業能力開発施設または職業能力開発総合大学校の卒業者は以下の受験資格とします。
ただし、卒業証明書が必要です。

受験資格

学 校

課 程

(イ)

職業能力開発総合大学 長期課程(4年制)

(ロ)

職業能力開発大学校または職業能力開発短期大学校 専門課程

(ニ)

上記以外の職業能力開発施設修了者
ただし、訓練期間は実務経歴年数に加算出来る。

提出書類

(1) 設備士資格検定試験受験申込書 1通

(2) 戸籍抄本または住民票(発行年月日は問わない) 1通

外国籍の受験者は、住民票または外国人登録原票記載事項証明書が必要です。
※発行日および公印が押印された公文書であり、マイナンバーが記載されていないもの
(コピー不可)

(3) 学校卒業証明書(コピー不可) 1通

受験資格(イ),(ロ),(ハ),(ホ)に該当するものは,該当区分に掲げる学校卒業証明書(証明書は学校発行のものとし,卒業証明書を得られない正当な事由がある場合は,これに代わる書類)
※大学院の修了証明書、卒業証書の原本・コピーは不可
※婚姻等の理由により卒業証明書と氏名が異なる場合は、変更の経緯が分かる書類
(戸籍抄本等)を添付してください。

(4) 受験資格および実務経歴書 1通

(書式は受験申込書に同封されています)

(5) 写真


1) 正面上半身脱帽(4.5cm×3.5cm)
2) 最近3箇月以内に撮影のもの
3) 裏面に氏名を記入のうえ,写真票に全面のり付けする
4) スナップ写真不可

(6)
①平成29年度(第62次)の受験票を申込書の所定欄に貼付した者
②過去に空調部門もしくは衛生部門を合格し、合格証に記載の合格番号を所定欄に記入したうえ、合格証の写しを貼付した者


上記①②のいずれかに該当する場合は、以下の書類の省略ができます。
1) 実務経歴
2) 卒業証明書

※提出された書類は,いかなる場合も返却いたしません。
申込期日までに必要書類が揃わない場合は、「(1) 設備士資格検定試験受験申込書」を必ず期日までに簡易書留でご郵送ください。
不足書類については、再度期日を設けてご請求いたします。

試験地

東京・大阪・名古屋・札幌・仙台・新潟・広島・福岡・那覇


※申込後の試験地変更は9月29日(金)までに書面をもって通知してください。
9月29日以降はいかなる理由があっても変更できません。

受験料

1部門 8,640円(消費税込)


申込書に同封の専用振込用紙にて,必ず個人別に郵便局へお振り込みください。
ATMでお支払いの場合はご利用明細を添付してください。
なお,受験しなかった場合にも受験料は返還いたしません。

申込期間

平成30年8月1日(水)~8月31日(金)消印有効


※申込開始以前、申込期間中の申込に関する(申込用紙が届いているかなどの)問合せには回答出来かねますので、ご了承ください。到着に関する問合せは本人控えを基に郵便局へお問い合わせください。

申込方法

提出書類を同封のうえ,当学会指定の封筒を使用し,必ず簡易書留にて郵送してください。申込書は一通で両部門受験できます。
申込書は当サイトのリンクからご請求ください。


(簡易書留の手続きは、郵便局以外では取り扱っておりません、8月31日までに郵便局で手続きを行って下さい)

受験申込書請求

>
                <p class=頒布期間:平成30年7月2日(月)~8月28日(火)
31日まで事務局窓口ではご購入が可能です。
郵送にて購入:販売開始までお待ちください。
頒布価格:1組につき 1,080円(消費税込・送料含)
Page Top