シンポジウム(東京/オンライン)
建築物の給水給湯負荷変動の予測と設備システムの最適設計

 
 給水給湯システムの設計の基礎となる給水給湯負荷の把握では、各種衛生器具・機器類の節水・省エネルギー化が進む現状において、現在一般的に使用されている設計用負荷原単位および算定手法は、実態と乖離していることが指摘されている。そのような状況下において、近年、実態に近い負荷算法として、シミュレーション手法を適用した動的給水給湯負荷算定法が公開され、その活用が期待されている。
 そこで、本シンポジウムは、動的給水給湯算定法の解説、算定結果から得られる給水給湯負荷変動の設計への適用、算定モデル設定法の考え方および他用途建築物への応用などを説明するとともに、学会のSHASE-S 206-2019で示されている方法との比較を含めて、これからの給水給湯負荷算定法の有り方について広く討論する。実務における必要性と要望について議論するために、研究者のみならず、より多くの実務者の参加をお願いしたい。


主催 空気調和・衛生工学会 給排水衛生設備委員会
給水給湯設備の設計データ検討小委員会
開催日 令和3年3月26日(金)13:00〜17:00
会場 Zoomウェビナーを利用したオンライン
  こちらからZoom視聴に当たってのご案内をご一読ください 
定員 200名 
参加費 無料
プログラム

司会 土井章弘/竹中工務店

13:00〜13:10 
1.主旨説明 光永威彦/明治大学

13:10〜13:50
2.シミュレーションによる動的給水給湯負荷算定法 村川三郎/広島大学
―SHASE-S 206-2019との比較―
内容:動的給水給湯算定法の概略を述べ、集合住宅と事務所ビルを例に、SHASE-S 206-2019の技術要項で示されている各方法との比較を行う。

13:50〜14:20
3.給水負荷変動の予測と給水システムの最適設計 坂本和彦/岡山理科大学
内容:事務所ビルの負荷変動の予測から管径・給水方式の設計法を示す。特に、ポンプ直送方式の設計法を述べ、他方式とのエネルギー消費量の比較を行う。

14:20〜14:50
4.給湯負荷変動の予測と給湯システムの最適設計 池田大輔/総合設備コンサルタント
内容:ホテルの中央式給湯システムにおける給湯負荷変動の予測から、熱源容量と貯湯槽容量の関係、管径、循環ポンプ容量などの設計法を述べる。

15:00〜15:30
5.動的算定法に適用する算定モデルの設定 高田宏/広島大学
内容:集合住宅、事務所ビルなどを例に、動的算定法に適用するモデルの設定法について述べる。特に、時間データなどが判明している建物用途に適用するユニットモデルの設定法などの説明から、今後の展開について触れる。

15:30〜15:45
6.総合病院における給水負荷変動の予測(応用例)
(1)調査概要と給水負荷の実態 光永威彦/明治大学
内容:対象病院の調査概要と給水負荷の実態を示す。

15:45〜16:00
(2)給水負荷算定モデルの設定と負荷変動予測 池田大輔/総合設備コンサルタント
内容:実測データを基に、負荷予測モデルの設定法を示し、算定値と実測値の比較を行う。

16:10〜16:50
7.討論 パネリスト/実務設計者3名
内容:動的給水給湯負荷算定法について、その利用経験のある実務設計者から忌憚ない意見を求める。
今後の給水給湯負荷算定法のあり方について意見交換を行う。

16:50〜17:00
8.まとめ 小瀬博之/東洋大学

申込方法
下記URLよりお申込み(事前登録)ください。
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_gmFaCR5hRROJOQZ9Bg810w
※受講券の発行はございません。定員に達した場合のみ、折り返しご連絡いたします。
 配付資料
 こちらよりダウンロードをお願い致します。(PDF)
 追加資料(パネルディスカッション・総括)はこちらよりダウンロードをお願い致します。(PDF)
(2021.4.6更新)
SHASE-CPD 聴講時間1時間につき1ポイント(休憩時間を除く)

このページの先頭に戻る