CPDについて

CPDとは何か
 CPDとは、技術者の皆様が行っている自己研鑽をシステムに記録することでその能力を認定・証明するものです。

SHASE−CPDの目的
〇会員の自己学習(継続能力開発)の支援
〇社会的に認められる技術者の認定
〇ニューフロンティア開拓への貢献

SHASE−CPDの対象者
 空気調和・衛生工学分野およびその周辺技術分野において、設計、施工監理、工事管理、コンサルティング、調査、教育、研究、技術開発に携わり、継続的な技術練磨の意志を持つ全ての技術者です。

CPD実施の形態
 CPDは参加する方が自己の目標を設定し、実施することを基本としています。CPDポイント表に従い、研鑽した内容をポイント化して頂きます。
参照→CPDポイント表(PDF)

設備技術者がCPDの対象とする分野と課題
 CPDにおいては、領域ごとに技術者が研鑚の対象とする範囲(分野・課題項目・内容)が定められています。当学会CPDにおいても、設備技術者が研鑚の対象する範囲(分野・課題項目・内容)を定めました。
参照→設備技術者CPD分野と課題(PDF)

CPDポイント化と目標ポイント
 実施結果は当学会が発行する手帳に記録していただきます。
研修会等を受講したときは、当学会が証明印かシールを貼ることになります。手帳に記録した実施結果は、ポイント化していただきます。このポイントがCPD実施の証となります。年間の目標ポイントは、50ポイントを基準とします。

コンテンツを連携する学協会について
 CPD参加者の自己研鑽の機会を広く確保するため、関連学協会主催の行事に参加したときの参加証明について、各学協会に協力をお願いしております。
参照→コンテンツを連携する学協会


当学会が加入しているCPD協議会の連携の状況
 当学会では、SHASE−CPDが広く活用できるために様々なCPD協議会に加盟しております。
参照→当学会が加入しているCPD協議会との連携の状況